2012.04.25 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.12.02 Thursday

TOP

TOP LIVE   PROFILE  DIARY LINK


春!爛漫!ビバ熱燗!!最終更新日だぜ2012年4月25日
<my space>http://www.myspace.com/namidagakovoretara
<mixi>http://mixi.jp/view_community.pl?id=3461017


-------------------------------------------------------------------------

CD発売中です。

テストテスト
涙が零れたら/アルゴリズム
¥1,500(税込)

短編集のような、エッセイのような、教科書のような、写真のような、映画のような、ドラマのような、大昔の壁画のような、エッシャーのだまし絵のよな、机の落書きのような。ようなような。そんな40分のような。
ギターとベースとドラムと…シンプルな構成で積み上げたものに何を見つけるか。
そう、僕らは涙が零れる瞬間を探してるんだ。

いろんな方からコメントいただきました。

▼「涙が零れたら。彼らの作る音楽はまさしく僕の大好きな引き算の音楽。肌触りを意識して大切に音を作る。こういう連中が出てくるからindeedは懐が深い!localは面白いよね!」
(folk enough/INOUE)

▼「聴いてたらむしょうに山口に行きたくなったよー よいアルバム作ったねぇ おめでとう!!!」
(秀吉/柿澤秀吉)

▼「エッジの効いたギターに、ウネリながらドライブするベースライン、緩急つけつつも切り刻みまくるドラムのアンサンブル妙味。グイグイ巻き込んでいきます。三人の生々しい音の数々スピーカーから鳴り止むことは無い。新たな鼓動は山口に!」
(Autumnleaf/高倉知温)

▼「水彩/クレパス/色鉛筆などなど・・・様々な手法で色付けされてるけど描き手を強く感じます。同世代にこういうバンドがいる事が凄く嬉しい。」
(trial error/カワモトジュン)

▼「水溜りの起因になるような音の集合。秋毫の間に盗み見た青空の様な時間。   調和の居留守」
(trial error、a transparent girl/フジイケンジ)

▼「いつの間にか僕らは人前で堂々と涙を見せることが出来なくなってしまったけど、このアルバムには色とりどりの"なみだ"が詰まっています。素直にこぼしてみたら、実はこれくらいカラフルなのかもね!」
(LITTLE PHRASE/マツムラタツヤ)

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
プロフィール
2007年冬結成。山口県を拠点に活動する3ピースバンド。 メンバー各々の音楽観を余すことなく積み重ねた、彩り豊かな楽曲群は、緻密な計算の上で構成された建築物のようでいて、何も考えていない無邪気な子供のブロック遊びのようでもあり、人はそれを「ファジー」で「コミカル」とも言う。らしい。 8otto、ZOOBOMBS、folk enough、Lightning Bolt(US)、marron aka dubmaronics (dubdub on-seng)、COMBO PIANO、LITTLE PHARASE、百景、秀吉といった、様々なアーティストと共演を経て、近年では山口のみならず福岡、北九州、熊本、大阪、京都などでも活動を展開し、各地で賞賛を受けている。 2010年8月15日には、2年間の活動の結晶である1stアルバムを発売。 こいつは女房を質に入れたい一品である。
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM